感染対策のポータルサイト「感染対策Online」
運営会社: Van Medical
2020.06.16 病原体

新型コロナウイルス第2波・第3波にそなえた感染対策(窓を開けてのエアコン)―うっかりやりがちな感染対策の間違い 著者:矢野 邦夫

 

夏の暑い日には室内温度を下げるためにエアコンを使用します。しかし、新型コロナウイルス感染対策が必要ということで、換気を目的として、窓を開けっ放しにしているところがあります。これでは室内温度を適切に保つことはできず、マスクの着用を強いられている人々が熱中症になってしまいます。「室内気温を下げたい」「換気をしたい」という相反する対応をどうしたらよいでしょうか?

このような心配の元としては2つの研究結果があると思います。一つ目は、特別な画像を使用して呼気を視覚化した研究です。ここでは会話、咳、くしゃみによって発生したエアロゾルがガス雲として運ばれ、2メートルを超えて水平方向に流れてゆくことが示されました(1~3)。二つ目は実験的に生成されたエアロゾルで新型コロナウイルスが少なくとも3時間生存可能であったという研究結果です(4)。これらの研究結果がテレビで放映され、一般市民を恐怖に陥れました。しかし、日常生活で生み出されたエアロゾルによって、実際に新型コロナウイルスを伝播させたという事例はないのです(5)。

新型コロナウイルス対策として、「3密を避ける」というものがあります。「密集場所」では多数の人々が集まるので、その中には感染者がいるかもしれません。「密接場面」では間近で会話や発声をするので、感染者の飛沫が2m以内にいる自分に到達するかもしれません。「密閉空間」では換気が悪いため、空気中に浮遊しているエアロゾルを吸い込んでしまうかもしれません。このように「3密を避ける」と言われると、「密集場所」「密接場面」「密閉空間」が感染対策上、同等の重みをもっていると感じられてしまいます。しかし、そうではありません。

病院での院内感染対策を考えてみましょう。WHOが推奨する感染対策では、エアロゾルを産生する処置(挿管、人工呼吸器、ネブライザー治療、高流量酸素療法など)を実施する時には空気の汚染を考え、患者を陰圧の部屋に入院させ、そこに入室する医療従事者は高性能マスクを着用します。そうでなければ、空気については特別な配慮は必要ありません(6)。実際、接触予防策(ガウンと手袋着用)と飛沫予防策(サージカルマスク着用)のみで、新型コロナウイルス感染症の患者を診療した医療従事者が空気予防策(高性能マスクの着用)を実施しなかったにも拘わらず、感染しませんでした(7,8)。エアコンを作動させたレストランで10人の患者が発生した時の調査では、エアコンからの強い空気流によって飛沫がテーブルからテーブルに流れることによって感染したと報告されています(5)。この時、レストランにスタッフや他の客もいたのですが、感染していません。また、エアコンのスメア検体はすべてPCR陰性でした。このようなことはエアロゾル感染ではみられないことです。

多数の人々が室内に数時間も滞在するようなことがあるならば、「密閉空間」を心配して1時間に1~2回程度の換気はしてもよいと思います。しかし、「密閉空間」を過剰に意識して、窓を開けっ放しにして、エアコンの効果を低下させて熱中症を多発させることは避けるべきと思います。

(著者:浜松医療センター 院長補佐 兼 感染症内科部長 兼 衛生管理室長 矢野 邦夫)

〔文献〕
(1)Bahl P et al:Airborne or droplet precautions for health workers treating COVID-19? J Infect Dis 2020. doi:10.1093/infdis/jiaa189

(2)Bourouiba L:Turbulent gas clouds and respiratory pathogen emissions:Potential implications for reducing transmission of COVID-19. JAMA 2020. doi:10.1001/jama.2020.4756.

(3)Stadnytskyi V et al:The airborne lifetime of small speech droplets and their potential importance in SARS-CoV-2 transmission. Proc Natl Acad Sci U S A 117:11875-11877, 2020

(4)van Doremalen N et al:Aerosol and surface stability of SARS-CoV-2 as compared with SARS-CoV-1. N Engl J Med 382:1564-1567, 2020

(5)Lu J et al:COVID-19 outbreak associated with air conditioning in restaurant, Guangzhou, China, 2020. Emerg Infect Dis 26, 2020. doi:10.3201/eid2607.200764

(6)WHO:Infection prevention and control during health care when novel coronavirus (nCoV) infection is suspected.
https://www.who.int/publications/i/item/10665-331495

(7)Ng K et al:COVID-19 and the risk to health care workers:A casereport. Ann Intern Med 172:766-767, 2020

(8)Wong SCY et al:Risk of nosocomial transmission of coronavirus disease 2019:an experience in a general ward setting in Hong Kong. J Hosp Infect 105:119-127, 2020

著者プロフィール

矢野 邦夫(やの くにお)

浜松医療センター 院長補佐 兼 感染症内科部長 兼 衛生管理室長

インフェクションコントロールドクター,日本感染症学会専門医・指導医。感染制御の専門家として多くの著書・論文を発表している。主な書籍に「救急医療の感染対策がわかる本」,「知って防ぐ!耐性菌 ESBL産生菌・MRSA・MDRP」(ヴァン メディカル刊)など。

一覧へ戻る
関連書籍・雑誌
見える!わかる!! 病原体はココにいます。

◆病院内の各区域のどこに病原体が存在しているのか?
◆気を付けるべき場所と病原体を見える化したまったく新しい書籍!

浜松医療センター 副院長 兼 感染症内科長 兼 衛生管理室長 矢野邦夫 著
2015年2月刊

介護スタッフのための 高齢者施設の感染対策

◆感染対策分野のエキスパートが介護スタッフのために,高齢者施設で行うべき感染対策を
 わかりやすく具体的に解説!
◆介護現場の第一線で実践的に使える,マニュアル作りにも役立つ一冊!!

東京医科大学微生物学分野 主任教授 松本哲哉 編著
2016年3月刊

隔離予防策のためのCDCガイドライン- 医療環境における感染性病原体の伝播予防2007

◆世界中の感染対策の指針となるCDCガイドライン。
◆感染対策に精通する訳者が,独自の注釈を加え,ポイントをわかりやすく紹介!
◆感染対策必携の1冊!

公立大学法人 横浜市立大学附属病院 感染制御部 部長・准教授 満田年宏 訳・著
2007年11月刊