感染対策のポータルサイト「感染対策Online」
運営会社: Van Medical
2020.06.09 病原体

新型コロナウイルス第2波・第3波にそなえた感染対策(消毒薬の身体への吹き付け,噴霧)―うっかりやりがちな感染対策の間違い 著者:矢野 邦夫

 

新型コロナウイルスの流行によって、消毒薬が頻繁に使用されるようになりました。もちろん、適切に使用されるのであれば、感染対策としては問題ないのですが、有害な使用法は是非とも止めなければなりません。そのためには、消毒薬の調整法・保存法と使用法について再確認する必要があります(1)。

まず、消毒薬の調整法と保存法です。ドアノブなどの環境の消毒では漂白剤が使用されることが多いのですが、それを希釈するときには、室温の水のみを使用すべきです。そして、漂白剤と酢を混合してはいけません。また、漂白剤とアンモニアを混合することも避けなければなりません。漂白剤を酢またはアンモニアと混合し、熱を加えると、塩素ガスとクロラミンガスが発生します。これらを吸入すると肺組織に深刻な損傷を与える可能性があるからです。消毒薬を希釈する時は、手袋やゴーグルを着用して、皮膚や眼を守ることが大切です。また、換気も大切です。さらに、消毒薬は子どもの手が届かないところに保管しなければなりません。子どもが飲み込んだりすると、粘膜の刺激、胃腸への影響、そして重症の場合にはアルコール毒性を引き起こすことがあります。

消毒薬の使用法についてですが、消毒薬をスプレーして身体に吹き付けてはいけません。また、霧状にして吸い込むことも危険です。さらに、消毒薬を飲んだり、それでうがいすることも避けるべきです(1)。時々、外出から帰宅した時、玄関でアルコールスプレーを身体や靴裏に噴霧する人がいますが、それは有害無益です。社会福祉施設において次亜塩素酸を含む消毒薬の噴霧がなされることがありましたが、これによって薬物を吸い込むことも有害です(2)。飲食店の入り口で次亜塩素酸水の霧を吹き付けるドームを歩いて消毒するといった行為が記事に掲載されていたことがありますが、これも危険なことです。もともと、現時点で次亜塩素酸水の新型コロナウイルスへの有効性は確認されていません(3)。

根拠のない感染対策は効果がないばかりか有害なことがあります。新しく感染対策を開始する時には感染対策医や感染管理認定看護師に相談することをお勧めします。

(著者:浜松医療センター 院長補佐 兼 感染症内科部長 兼 衛生管理室長 矢野 邦夫)

〔文献〕
(1)Gharpurer R et al:Knowledge and practices regarding safe household cleaning and disinfection for COVID-19 prevention — United States, May 2020.
https://www.cdc.gov/mmwr/volumes/69/wr/pdfs/mm6923e2-H.pdf
(2)厚生労働省:社会福祉施設等における感染拡大防止のための留意点について.
https://www.mhlw.go.jp/content/000605425.pdf
(3)経済産業省危機管理・災害対策室:「次亜塩素酸水」の空間噴霧について(ファクトシート)
https://www.meti.go.jp/press/2020/05/20200529005/20200529005-3.pdf

著者プロフィール

矢野 邦夫(やの くにお)

浜松医療センター 院長補佐 兼 感染症内科部長 兼 衛生管理室長

インフェクションコントロールドクター,日本感染症学会専門医・指導医。感染制御の専門家として多くの著書・論文を発表している。主な書籍に「救急医療の感染対策がわかる本」,「知って防ぐ!耐性菌 ESBL産生菌・MRSA・MDRP」(ヴァン メディカル刊)など。

一覧へ戻る
関連書籍・雑誌
手術医療の感染対策がわかる本

◆手術室や周術期だけでなく,場所・時間・期間を幅広く網羅した,手術医療の業務
 全般に対する感染対策を総合的に解説。
◆手術医療における「こんな時どうするの?」に対して,様々なガイドラインや最新の
 エビデンスより筆者が導き出した,最適・適正な感染対策の答えがこの一冊に集約!

浜松医療センター 副院長 兼 感染症内科長 兼 衛生管理室長 矢野邦夫 著
2018年11月刊

介護スタッフのための 高齢者施設の感染対策

◆感染対策分野のエキスパートが介護スタッフのために,高齢者施設で行うべき感染対策を
 わかりやすく具体的に解説!
◆介護現場の第一線で実践的に使える,マニュアル作りにも役立つ一冊!!

東京医科大学微生物学分野 主任教授 松本哲哉 編著
2016年3月刊

隔離予防策のためのCDCガイドライン- 医療環境における感染性病原体の伝播予防2007

◆世界中の感染対策の指針となるCDCガイドライン。
◆感染対策に精通する訳者が,独自の注釈を加え,ポイントをわかりやすく紹介!
◆感染対策必携の1冊!

公立大学法人 横浜市立大学附属病院 感染制御部 部長・准教授 満田年宏 訳・著
2007年11月刊