感染対策のポータルサイト「感染対策Online」
運営会社: Van Medical
2020.06.29 病原体

新型コロナウイルス第2波・第3波にそなえた感染対策(社会的距離とマスク)―うっかりやりがちな感染対策の間違い 著者:矢野 邦夫

 

「フォーク」と「箸」の形状は似ても似つかないのですが、目的は同じです。それは「食べ物を食器から口に運ぶ」ということです。そのどちらを使用するかは状況によります。フランス料理を食べる時はナイフとフォークを用いることでしょう。箸でフランス料理を食べることはないと思います。一方、ラーメンを食べる時は箸を用います。フォークで食べるとラーメンの味がしなくなってしまいます。それでは、バイキングや和洋折衷料理を食べる時はどうでしょうか? おそらく、フォークも箸もゴチャゴチャになって使用されることでしょう。この人はフォーク、あの人は箸というように。。。

「社会的距離(ソーシャル・ディスタンシング)」と「マスク」も似ても似つかないのですが、目的は同じです。それは「飛沫が人から人に届かないようにする」ためです。社会的距離を空けていれば、飛沫は途中で落下することでしょう。マスクを着用していれば、飛沫が飛び出さないことでしょう。

広い公園を散歩している時は社会的距離が確保されているので、飛沫が人から人に到達することはありません。そのため、マスクを着用する必要はありません。一方、満員電車やバスに乗車する時には社会的距離を確保することは不可能なので、マスクを必ず着用することになります(1,2)。社会的距離が確保できるかどうかが微妙なところでは、社会的距離を取りつつ、マスクを着用することになります。もちろん、マスクは着用者を感染から守るのではなく、着用者から周囲の人々にウイルスが伝播すること防ぐことが目的であることは言うまでもありません。

このようにマスクの着用の目的が見えてくると、「どのような時に、マスクを着用すべきなのか?」も判断しやすくなります。「風呂に入っている時」「寝ている時」「一人で読書している時」「一人でテレビを見ている時」などはマスクは不要です。それでは、「ランニングをしている時」「誰もいない早朝に街中を歩いている時」にはマスクは必要でしょうか? やはり必要ないのです。ランニングや散歩をしている時に、マスクを着用していないと他の人とすれ違った時に感染しないか心配だと言う人がいます。心配ご無用です。新型コロナウイルスに感染するためには、比較的長い時間(15分以上)の接触が必要だからです(3,4)。散歩やランニングでのすれ違いは一瞬です。このような短時間で感染することはないのです。

したがって、下記の原則でマスクを着用するかどうかを判断すればよいと思います。
①社会的距離を確保できなければ、マスクを着用する。
②社会的距離を確保できれば、マスクは必須ではない。
③マスクを着用していなければ、社会的距離を確保する。
④マスクを着用していても、社会的距離を確保する。

「④マスクを着用していても、社会的距離を確保する」のは、マスクを適切に着用していない人がいるからです。鼻を出していたり、マスクを顎につけていたりする人がいます。また、マスクを着用しているにもかかわらず、会話する時にわざわざマスクを取り外す人もいます。そのような状況ではマスクは効果を発揮できません。そのため、マスクを着用していても社会的距離を確保する必要があるのです。

それでは社会的距離は何mのことでしょうか? WHOとunicefは「1m以上」と言っています(5,6)。CDCは「2m以上」(3)、厚生労働省は「できるだけ2メートル(最低1メートル)」(7)としています。社会的距離は「飛沫が途中で落下してしまう距離」のことです。過去には「飛沫の最大移動距離は1m」とされていました。しかし、2003年のSARSでは2mの距離まで飛散したという事例がありました(8)。その影響を受けて、CDCは「2m以上」と言っていますが、それは例外的な状況を心配しているからであり、1mの距離を確保していれば十分と考えてよいでしょう。そのため、社会的距離は「1m以上」空ければよいと思います。

(著者:浜松医療センター 院長補佐 兼 感染症内科部長 兼 衛生管理室長 矢野 邦夫)

〔文献〕
(1)CDC:About cloth face coverings.
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/prevent-getting-sick/about-face-coverings.html
(2)CDC:Recommendation regarding the use of cloth face coverings, especially in areas of significant community-based transmission.
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/prevent-getting-sick/cloth-face-cover.html
(3)CDC:Social Distancing.
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/prevent-getting-sick/social-distancing.html
(4)新型コロナウイルス感染症 診療の手引き 第2.1版.
https://www.kyoto.med.or.jp/covid19/pdf/06.pdf
(5)WHO:Q&A on coronaviruses (COVID-19).
https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019/question-and-answers-hub/q-a-detail/q-a-coronaviruses
(6)unicef:Physical not social distancing.
https://www.unicef.org/sudan/press-releases/physical-not-social-distancing
(7)厚生労働省:新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」を公表しました.
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_newlifestyle.html
(8)CDC:2007 Guideline for isolation precautions: Preventing transmission of infectious agents in healthcare settings.
https://www.cdc.gov/infectioncontrol/pdf/guidelines/isolation-guidelines-H.pdf

著者プロフィール

矢野 邦夫(やの くにお)

浜松医療センター 院長補佐 兼 感染症内科部長 兼 衛生管理室長

インフェクションコントロールドクター,日本感染症学会専門医・指導医。感染制御の専門家として多くの著書・論文を発表している。主な書籍に「救急医療の感染対策がわかる本」,「知って防ぐ!耐性菌 ESBL産生菌・MRSA・MDRP」(ヴァン メディカル刊)など。

一覧へ戻る
関連書籍・雑誌
救急医療の感染対策がわかる本

◆多種多様な患者の受け入れ、搬送から集中治療室までの場所の変遷、刻々と変わる状況など、
 多忙で非日常的な現場の事情を踏まえ、救急医療の感染対策を総合的に解説。
◆場所・経路・耐性菌・感染症・患者背景から医療従事者まで、ありとあらゆる角度から
 感染対策にアクセスできる、救急医療の現場のための一冊。

浜松医療センター 副院長 兼 感染症内科部長 兼 衛生管理室長 矢野邦夫 著
2019年10月刊

介護スタッフのための 高齢者施設の感染対策

◆感染対策分野のエキスパートが介護スタッフのために,高齢者施設で行うべき感染対策を
 わかりやすく具体的に解説!
◆介護現場の第一線で実践的に使える,マニュアル作りにも役立つ一冊!!

東京医科大学微生物学分野 主任教授 松本哲哉 編著
2016年3月刊

隔離予防策のためのCDCガイドライン- 医療環境における感染性病原体の伝播予防2007

◆世界中の感染対策の指針となるCDCガイドライン。
◆感染対策に精通する訳者が,独自の注釈を加え,ポイントをわかりやすく紹介!
◆感染対策必携の1冊!

公立大学法人 横浜市立大学附属病院 感染制御部 部長・准教授 満田年宏 訳・著
2007年11月刊