感染対策のポータルサイト「感染対策Online」
運営会社: Van Medical
2020.06.26 病原体

新型コロナウイルス第2波・第3波にそなえた感染対策(手洗い)―うっかりやりがちな感染対策の間違い 著者:矢野 邦夫

 

新型コロナウイルス対策では手指の清潔が重要です。そのため、「石鹸と水道水による手洗い」をした後に、念のために「アルコール手指消毒」を追加する人がいます。このような手順は見かけ上、良い感染予防と思われるかもしれません。しかし、そうではないのです。両方を連続すると手荒れを引き起こすからです(1)。どちらか一方を選択するようにします。それでは、「石鹸と水道水による手洗い」と「アルコール手指消毒」のどちらを選べばよいのでしょうか? これらのどちらが、新型コロナウイルス対策として有用なのでしょうか?

その疑問に答える前に、どうして手指を清潔にすることが大切なのかについて解説しましょう。例えば、通勤の途中や買い物に出かけた時、手すりやドアノブなどに触れることがあります。そのような手指が頻回に触れる環境表面には新型コロナウイルスに感染した人の手指も触れているかもしれません。すなわち、そこにはウイルスが付着している可能性があるのです。そのようなところに接触した手指で自分の目、鼻、口の粘膜に触れてしまえば、ウイルスはそこから体内に侵入できるのです。そのために手指の清潔が必要なのです。もし、環境表面に触れるたびに「石鹸と水道水による手洗い」をするならば、その度に手洗い場まで移動しなくてはなりません。しかし、携帯用アルコール手指消毒薬を持っていれば、その場で手指を清潔にできるのです。すなわち、「アルコール手指消毒」の方が実践的なのです。

しかし、アルコール手指消毒薬にも弱点があります。それは手指が肉眼的に汚れている時には効果が減弱するということです。例えば、手指に土が付着しているとか、子どものオムツを交換する時に手指を汚してしまった時などです。このような時には石鹸と水道水で手指を洗い流します。もちろん、その後にアルコール手指消毒をすることはしません。手荒れをするからです。

(著者:浜松医療センター 院長補佐 兼 感染症内科部長 兼 衛生管理室長 矢野 邦夫)

〔文献〕
(1)WHO:WHO Guidelines on hand hygiene in health care, 2009.
http://whqlibdoc.who.int/publications/2009/9789241597906_eng.pdf

著者プロフィール

矢野 邦夫(やの くにお)

浜松医療センター 院長補佐 兼 感染症内科部長 兼 衛生管理室長

インフェクションコントロールドクター,日本感染症学会専門医・指導医。感染制御の専門家として多くの著書・論文を発表している。主な書籍に「救急医療の感染対策がわかる本」,「知って防ぐ!耐性菌 ESBL産生菌・MRSA・MDRP」(ヴァン メディカル刊)など。

一覧へ戻る
関連書籍・雑誌
救急医療の感染対策がわかる本

◆多種多様な患者の受け入れ、搬送から集中治療室までの場所の変遷、刻々と変わる状況など、
 多忙で非日常的な現場の事情を踏まえ、救急医療の感染対策を総合的に解説。
◆場所・経路・耐性菌・感染症・患者背景から医療従事者まで、ありとあらゆる角度から
 感染対策にアクセスできる、救急医療の現場のための一冊。

浜松医療センター 副院長 兼 感染症内科部長 兼 衛生管理室長 矢野邦夫 著
2019年10月刊

介護スタッフのための 高齢者施設の感染対策

◆感染対策分野のエキスパートが介護スタッフのために,高齢者施設で行うべき感染対策を
 わかりやすく具体的に解説!
◆介護現場の第一線で実践的に使える,マニュアル作りにも役立つ一冊!!

東京医科大学微生物学分野 主任教授 松本哲哉 編著
2016年3月刊

隔離予防策のためのCDCガイドライン- 医療環境における感染性病原体の伝播予防2007

◆世界中の感染対策の指針となるCDCガイドライン。
◆感染対策に精通する訳者が,独自の注釈を加え,ポイントをわかりやすく紹介!
◆感染対策必携の1冊!

公立大学法人 横浜市立大学附属病院 感染制御部 部長・准教授 満田年宏 訳・著
2007年11月刊