感染対策のポータルサイト「感染対策Online」
運営会社: Van Medical
2020.08.21 病原体

航空便搭乗 トイレでのコロナを防ぐ!―夏とレジャーとコロナ対策 著者:矢野 邦夫

 

飛行機では搭乗時間は比較的長時間なのでトイレを使用することがあります。この場合、どのような点に気を付けるかを考えてみたいと思います。まず、ドアノブなどの「手指の高頻度接触面」にはウイルスが付着しているかもしれないと考えるべきです。便器に水を流すときに押す洗浄ボタンはすべての使用者が触れるところです。その他、手洗いの水を出すためのスイッチも汚れていることでしょう。これらは新型コロナウイルスのみならず、便に含まれている病原体も付着している可能性があります。そのため、使用後の手洗いは必ず実施します。

機内の座席では咳をしたり、鼻をかんだりすることがはばかられることから、トイレで咳したり、鼻をかむ人がいます。狭い空間でそのようなことをすれば空気が汚染するので、他人がトイレを使用したら、少し時間が経過してからトイレに入った方がよいのではと心配する人もいるかもしれません。しかし、このウイルスは空気感染しません。また、飛行機のトイレの換気は優れています。そのため、他人がトイレを使用した直後に、そのトイレに入っても、空気からの感染の心配はないのです。

トイレを使用するとき、座席からトイレへ移動する間に通路を歩くことになります。このとき、他の人とすれ違うことがあります。相手も自分もマスクを着用していれば何も心配ありません。移動中に飛行機が揺れると体を支えるために、近くにある座席の肩の部分につかまることでしょう。そのようなところは他の人も触れていると考えるべきであり、ウイルスが付着しているかもしれません。そのため、手洗いや手指消毒が必要となります。

それでは、機内ではなく、空港のトイレはどうでしょうか? ここは機内のトイレと異なり、多くの人々が出入りしています。女性用トイレは個室ですが、男性用トイレでは複数の男性用便器が並んでいます。そのため、男性用トイレでは一つ置きに使用することが望ましいのですが、多数の人々が使用していることから、そのような対応はできません。社会的距離を確保できなければ、マスクを着用することになります。その他の対応は機内のトイレと同様です。

(著者:浜松医療センター 院長補佐 兼 感染症内科部長 兼 衛生管理室長 矢野 邦夫)

著者プロフィール

矢野 邦夫(やの くにお)

浜松医療センター 院長補佐 兼 感染症内科部長 兼 衛生管理室長

インフェクションコントロールドクター,日本感染症学会専門医・指導医。感染制御の専門家として多くの著書・論文を発表している。主な書籍に「7日間できらりマスター 標準予防策・経路別予防策と耐性菌対策」,「救急医療の感染対策がわかる本」,「知って防ぐ!耐性菌 ESBL産生菌・MRSA・MDRP」(ヴァン メディカル刊)など。

一覧へ戻る
関連書籍・雑誌
7日間できらりマスター 標準予防策・経路別予防策と耐性菌対策

◆標準予防策と経路別予防策は身近な例えで理解すべし! 耐性菌対策は…井戸端会議を聞いて学ぶ?! オマケにファクトシート付き!! 
◆1日1読、楽しく読んで、7日間で標準予防策・経路別予防策と耐性菌対策をすべてマスター可能。
◆新型コロナウイルス対策にも活用できる、感染対策の基礎から応用までのすべてが詰まった知識充実の一冊が登場。

浜松医療センター 院長補佐 兼 感染症内科部長 兼 衛生管理室長 矢野邦夫 著
2020年7月刊

見える!わかる!! 病原体はココにいます。

◆病院内の各区域のどこに病原体が存在しているのか?
◆気を付けるべき場所と病原体を見える化したまったく新しい書籍!

浜松医療センター 副院長 兼 感染症内科長 兼 衛生管理室長 矢野邦夫 著
2015年2月刊

介護スタッフのための 高齢者施設の感染対策

◆感染対策分野のエキスパートが介護スタッフのために,高齢者施設で行うべき感染対策を
 わかりやすく具体的に解説!
◆介護現場の第一線で実践的に使える,マニュアル作りにも役立つ一冊!!

東京医科大学微生物学分野 主任教授 松本哲哉 編著
2016年3月刊