感染対策のポータルサイト「感染対策Online」
運営会社: Van Medical
2020.08.07 病原体

新幹線・特急列車 どこにコロナいる?―夏とレジャーとコロナ対策 著者:矢野 邦夫

 

新型コロナウイルスの伝播経路で最も重要なのが、「飛沫感染」です。次に重要な伝播経路は「ウイルスで汚染した環境表面」です。ここでは車内や座席周囲で注意すべき環境表面について解説します。

どうして、環境表面が伝播経路になり得るかを説明しましょう。感染者が咳やくしゃみをするときに手指や手のひらなどで口や鼻を覆うことがあります。そのとき、手に飛沫や鼻水が付着します。飛沫や鼻水にはウイルスが含まれているので、手がウイルスで汚染します。そのまま、環境表面に触れれば、ウイルスがそこに付着して、しばらく感染性を保っています。その間に別の人が汚染した環境表面に触れれば、その手指にウイルスが付着し、そのまま目、鼻、口の粘膜に触れれば感染するのです。したがって、手指が高頻度に接触するような環境表面が感染源になるのです。

それでは、車内や座席周囲で注意すべき環境表面とはどこでしょうか?「手指の高頻度接触面」をイメージすれば簡単に回答が得られます。まず、車内では扉のドアノブは汚染しているかもしれません。新幹線は自動扉なので、ドアノブに触れることはありませんが、特急列車の場合にはドアノブがありますので、注意が必要です。また、車内の通路を歩いているときに、列車が揺れると近くの座席の肩の部分につかまって、安定を保つことがあります。その肩の部分にもウイルスが付着しているかもしれません。特急列車では手すりがありますが、そこにも多くの人が触れているので、汚染している可能性が高いと考えるべきです。

座席周囲で注意すべきところは、座席の肘掛け、リクライニング操作レバー、テーブルといったところが「手指の高頻度接触面」と言えます。このようなところは、鉄道会社が拭き取ったり、消毒したりしていますが、十分な時間をかけて消毒することは困難です。また、一つの座席には全区間の間に何人もの人々が使用するので、やはり、ウイルスが付着している可能性があると考えるべきです。そのため、座席周囲の「手指の高頻度接触面」の清拭や消毒を自分自身でも行うとよいでしょう。座席の座面については直接座るので、自分の臀部の衣類が汚染するのではないかと心配する人もいるかもしれません。そのようなところは感染者の手指が直接触れることは少ないし、自分自身の手指が触れることもほとんどないので、気にすることはありません。環境表面を考えるときには「手指の高頻度接触面」に集中します。

(著者:浜松医療センター 院長補佐 兼 感染症内科部長 兼 衛生管理室長 矢野 邦夫)

著者プロフィール

矢野 邦夫(やの くにお)

浜松医療センター 院長補佐 兼 感染症内科部長 兼 衛生管理室長

インフェクションコントロールドクター,日本感染症学会専門医・指導医。感染制御の専門家として多くの著書・論文を発表している。主な書籍に「7日間できらりマスター 標準予防策・経路別予防策と耐性菌対策」,「救急医療の感染対策がわかる本」,「知って防ぐ!耐性菌 ESBL産生菌・MRSA・MDRP」(ヴァン メディカル刊)など。

一覧へ戻る
関連書籍・雑誌
7日間できらりマスター 標準予防策・経路別予防策と耐性菌対策

◆標準予防策と経路別予防策は身近な例えで理解すべし! 耐性菌対策は…井戸端会議を聞いて学ぶ?! オマケにファクトシート付き!! 
◆1日1読、楽しく読んで、7日間で標準予防策・経路別予防策と耐性菌対策をすべてマスター可能。
◆新型コロナウイルス対策にも活用できる、感染対策の基礎から応用までのすべてが詰まった知識充実の一冊が登場。

浜松医療センター 院長補佐 兼 感染症内科部長 兼 衛生管理室長 矢野邦夫 著
2020年7月刊

見える!わかる!! 病原体はココにいます。

◆病院内の各区域のどこに病原体が存在しているのか?
◆気を付けるべき場所と病原体を見える化したまったく新しい書籍!

浜松医療センター 副院長 兼 感染症内科長 兼 衛生管理室長 矢野邦夫 著
2015年2月刊

介護スタッフのための 高齢者施設の感染対策

◆感染対策分野のエキスパートが介護スタッフのために,高齢者施設で行うべき感染対策を
 わかりやすく具体的に解説!
◆介護現場の第一線で実践的に使える,マニュアル作りにも役立つ一冊!!

東京医科大学微生物学分野 主任教授 松本哲哉 編著
2016年3月刊