感染対策のポータルサイト「感染対策Online」
運営会社: Van Medical
2020.06.22 病原体

新型コロナウイルス第2波・第3波にそなえた感染対策(PCRの意味を正しく知る)―うっかりやりがちな感染対策の間違い 著者:矢野 邦夫

 

道端に犬の糞が落ちているとします。それは「そこに犬がいた!」という根拠にはなりますが、「今、そこに犬がいる!」という根拠にはなりません。もちろん、糞をしたばかりの犬がいる可能性はありますが、犬が立ち去っていれば糞が残り、犬はいないのです。

新型コロナウイルスのPCRも同様です。鼻咽頭(鼻腔後方の突き当りの部分)に綿棒を挿入して検体をとるのですが、PCR陽性というのは、鼻咽頭の粘膜にウイルスのRNAが付着していることを示しているのであり、生きたウイルスが存在しているという根拠とはならないのです。WHOは「症状が消失した患者でも数週間はPCR陽性になるでしょう。しかし、陽性であったとしても、患者に感染性はなく、他の人にウイルスを伝播することはありません」と言っています(1)。

現在の退院基準ではPCRは不要であり、発症日から10日間経過し、かつ、症状軽快後72時間経過すれば退院は可能となっています(2,3)。おそらく、退院時もしくは退院後しばらくはPCRを実施すると陽性となるでしょう。しかし、感染性はありません。

新型コロナウイルス感染症にて入院していた患者が退院した時に、職場は「PCRが陰性となったことを示す診断書」を求めてはいけません。PCRが陰性となるまで、職場に戻さないというのは、「症状がなく、かつ周囲に感染させることのない人」を意味もなく、職場から排除することになるからです。

(著者:浜松医療センター 院長補佐 兼 感染症内科部長 兼 衛生管理室長 矢野 邦夫)

〔文献〕
(1)WHO:Coronavirus disease  (COVID-19)  Situation Report – 152.
https://www.who.int/docs/default-source/coronaviruse/situation-reports/20200620-covid-19-sitrep-152.pdf?sfvrsn=83aff8ee_2
(2)厚生労働省:新型コロナウイルス感染症 診療の手引き 第2.1版.
https://www.mhlw.go.jp/content/000641267.pdf
(3)WHO:Criteria for releasing COVID-19 patients from isolation.
https://www.who.int/publications/i/item/criteria-for-releasing-covid-19-patients-from-isolation

著者プロフィール

矢野 邦夫(やの くにお)

浜松医療センター 院長補佐 兼 感染症内科部長 兼 衛生管理室長

インフェクションコントロールドクター,日本感染症学会専門医・指導医。感染制御の専門家として多くの著書・論文を発表している。主な書籍に「救急医療の感染対策がわかる本」,「知って防ぐ!耐性菌 ESBL産生菌・MRSA・MDRP」(ヴァン メディカル刊)など。

一覧へ戻る
関連書籍・雑誌
見える!わかる!! 病原体はココにいます。

◆病院内の各区域のどこに病原体が存在しているのか?
◆気を付けるべき場所と病原体を見える化したまったく新しい書籍!

浜松医療センター 副院長 兼 感染症内科長 兼 衛生管理室長 矢野邦夫 著
2015年2月刊

介護スタッフのための 高齢者施設の感染対策

◆感染対策分野のエキスパートが介護スタッフのために,高齢者施設で行うべき感染対策を
 わかりやすく具体的に解説!
◆介護現場の第一線で実践的に使える,マニュアル作りにも役立つ一冊!!

東京医科大学微生物学分野 主任教授 松本哲哉 編著
2016年3月刊

隔離予防策のためのCDCガイドライン- 医療環境における感染性病原体の伝播予防2007

◆世界中の感染対策の指針となるCDCガイドライン。
◆感染対策に精通する訳者が,独自の注釈を加え,ポイントをわかりやすく紹介!
◆感染対策必携の1冊!

公立大学法人 横浜市立大学附属病院 感染制御部 部長・准教授 満田年宏 訳・著
2007年11月刊