感染対策のポータルサイト「感染対策Online」
運営会社: Van Medical
2020.07.16 その他

【PR】院内感染対策研修会における「ユースキン ハンドケア講習会」実施レポート 著者:①加藤久美子 ②窪田由佳*・岩川祥平**・富田まさ子**

 

提供:ユースキン製薬株式会社

手指衛生とハンドケアはセットで意識することが大切だと気づかされた講習会

加藤久美子
医療法人社団圭春会 小張総合病院 感染制御実践看護師
講習会の様子

●ハンドケア講習会導入のきっかけ

手荒れは,様々な弊害をもたらし病院全体での感染対策に影響を及ぼすため,手指衛生習慣の見直しやハンドケアの実施により,手荒れを予防することが重要です。感染対策室では,スタッフのヒアリングとハンドケアの指導を行い,手荒れ対策を行っていました。今回は,法定研修にてハンドケア講習会を開催して,病院全体での手指衛生遵守率向上への取り組みを行いました。

●院内 感染対策研修会としてハンドケア講習会を実施して

法定研修は350 名の参加があり,皮膚の構造・手荒れ原因等のスライド説明とユースキンA を実際に使用したハンドケアを行いました。研修では,「クリームを塗っているのに効かない」と思っていたが,実は十分な量を使っていない等,具体的な方法やどのようなハンドケアを行えばよいかが理解でき,全員で行うことにより楽しく実践できました。また,研修前には手の水分量のチェックを行い,手荒れを感じていないスタッフも水分量が少なく,手荒れを自覚していなくてもハンドケアを行う必要があることがわかりました。研修を行い,手荒れの改善や健康な手を維持できたことにより手指衛生に前向きになってもらう動機づけとなり,遵守率向上に繋がりました。

水分量計測の様子

●院内の意識変化

法定研修でハンドケア講習会を行ってから,院内スタッフが手指衛生だけでなく『手指衛生+ハンドケア』と考えるようになりました。また,手荒れが改善したスタッフが,自ら「手を見てください!」とラウンド中に嬉しそうに声掛けをしてくるようになりました。今回の研修を開催し,手指衛生遵守率向上のためには,手荒れの改善だけでなく,手荒れの予防を年間通して行うことが必要であり,重要な課題であると思いました。

 


ハンドケアの基本は“量”と“塗り方”だった―ハンドケア講習会の導入のきっかけと意識の変化

窪田由佳*・岩川祥平**・富田まさ子**
ベトレヘムの園病院 *看護部長 **ケアワーカーリーダー
講習会の様子

●ハンドケア講習会導入のきっかけ

ハンドケア講習会は,薬剤科長より薬剤関連冊子を紹介されて知りました。まず,地域の方に喜んでもらえるのではと考え公開講座を開催し,結果,実演と手の水分量のチェックで,ハンドケアの効果が可視化でき反響もよく,職員の関心も高まりました。そこで,職員にもハンドクリームの正しい塗り方と量を知ってもらい,効果的な手荒れ対策を知り感染対策を強化したいと考え,講習会開催の運びとなりました。

●院内感染対策研修会としてハンドケア講習会を実施して

病院の感染対策研修として今までインフルエンザやノロ対策等様々実施し,標準予防策の重要性を発信してきました。そして感染対策に重要な手指衛生遵守率を高める4 つの方法の1 つに『手荒れ対策』があり,今回初めてハンドケア講習会の開催となりました。病院は多職種集団で,必ずしも医療に詳しい職員ばかりではなく,研修内容にいつも苦慮していました。その点ハンドケア講習会は誰でもすぐ実行できる分かりやすい研修であり,出席率も77%と2019年度の研修でトップとなりました。研修後のアンケートでも,「手荒れ対策に取り組み感染対策として効果を出せるようにしたい」「分かりやすく楽しかった」等の声が聞かれ,満足度90.9%理解度96%とよい評価でした。更にポンプタイプのユースキンA の設置支援もあり,講義が現場での実施に繋がり,その継続が保湿の実感となり手指衛生遵守に繋がると考えています。

院内導入されているユースキンA

●院内の意識変化

病院は,患者さんに直接関わる看護部,リハビリ科で手洗いの機会が多く,水,洗剤を使用する栄養科も含め手荒れのリスクが高い職場環境です。研修前より手荒れ対策として,個人用の擦式消毒薬をヒアルロン酸配合の商品に変更,院内製剤の軟膏を手洗い場に設置等取り組んできました。今回,正しい塗り方を知り,手荒れ対策と感染対策を改めて知ることができ,どの部署からもハンドケアの意識が高まり,実践し「すべすべになった」「あかぎれが治った」等の声が聞かれました。手荒れ対策は病院として取り組む重要な課題と思います。

 

●お問い合わせ先
ユースキン製薬株式会社 〒210-0014 神奈川県川崎市川崎区貝塚1-1-11
https://www.yuskin.co.jp/

■ 製品に関するお問い合わせ
お客様相談室 0120-22-1413(土・日・祝日を除く9:00~17:00)

■ ハンドケア講習会のお申し込みはこちら
https://yuskin.co.jp/kouza/
※ 2020年8月1日より募集開始します。

掲載:感染対策ICTジャーナル Vol.15 No.3 2020 p.244-245

著者プロフィール

①加藤久美子 ②窪田由佳*・岩川祥平**・富田まさ子**(かな省略)

①医療法人社団圭春会 小張総合病院 感染制御実践看護師
②ベトレヘムの園病院 *看護部長 **ケアワーカーリーダー

一覧へ戻る
関連キーワード
関連書籍・雑誌
感染対策ICTジャーナル Vol.15 No.3 2020 特集:一人ひとりの管理と実施で解決 手指の健康と手指衛生

編集:
東京女子医科大学医学部感染制御科 教授/同大学病院感染制御科 診療部長 満田 年宏
山形大学医学部附属病院検査部 部長 病院教授・感染制御部 部長 森兼 啓太
自治医科大学附属病院感染制御部長・感染症科(兼任)科長,自治医科大学感染免疫学 准教授 森澤 雄司


2020年7月刊

感染対策ICTジャーナル Vol.15 No.2 2020 特集:技術進歩とともに進化する  軟性内視鏡の感染管理

編集:東京女子医科大学医学部感染制御科 教授/同大学病院感染制御科 診療部長 満田 年宏
   山形大学医学部附属病院検査部 部長 病院教授・感染制御部 部長 森兼 啓太
   自治医科大学附属病院感染制御部長・感染症科(兼任)科長,自治医科大学感染免疫学 准教授 森澤 雄司


2020年4月刊

感染対策ICTジャーナル Vol.14 No.4 2019 特集:国内・海外のガイドラインから読み解く 手術部位感染(SSI)対策の正解

編集:東北医科薬科大学医学部感染症学教室 特任教授 賀来 満夫
   東京女子医科大学医学部感染制御科 教授/同大学病院感染制御科 診療部長 満田 年宏
   山形大学医学部附属病院検査部 部長 病院教授・感染制御部 部長 森兼 啓太
   自治医科大学附属病院感染制御部長・感染症科(兼任)科長,自治医科大学感染免疫学 准教授 森澤 雄司


2019年10月刊